•  

    有機が「野菜」のチカラを取り戻す!

     

    美味しい野菜や果物が生まれる条件、それは「ふかふかの土」。

    有機だからこそ、土の中の微生物が土をふかふかにしてくれて

    本来持っているおいしさと栄養がたっぷりです。

     

     

     

  •  

     

    りんご

    野菜セット

    トマト

    人参

     

     

  •  

     

    キャベツ

    小松菜

    れんこん

    じゃがいも

  •  

     

     

    コープ自然派は国産派オーガニックを推進しています

    誰もが有機農産物を作り、食べることができる社会へ

     

    コープ自然派は有機農業者を育成し、
    安全な質の高い野菜をたくさん収穫することで、
    毎日食べられる価格をめざしています。
    これまでの努力が実って、コープ自然派の青果の有機・無農薬の割合は60%!
    おいしい野菜をたくさんお届けできるようになりました。

     

     

  •  

     

  •  

     

     

     

     

    栄養のある野菜 抗酸化力・免疫力・解毒力

  •  

     

    有機が「野菜のチカラ」を取り戻す
    野菜のおいしさと栄養価は密接な関係にあり、今と50 年前の野菜とではまったく違うのです。チッソやリン酸、カリなどの化成肥料を使う農業では、ビタミンやミネラルなど野菜の栄養素が激減しています。化学肥料や農薬に頼らず、土づくりから取り組んだ畑には微量ミネラルがたくさん含まれ、野菜の成長を助ける微生物も棲んでいます。野菜が本来持つおいしさや、「抗酸化力」「免疫力」「解毒力」など栄養価に富んだ「野菜のチカラ」を取り戻すこと。それがコープ自然派の目標です。

     

     

  •  

     

     

     

    有機農業者を育てる 有機農業技術の普及

  •  

     

    太陽と微生物の働きを活かした土づくり

    コープ自然派と小松島有機農業サポートセンターがともに進めるBLOF 理論による有機農産物づくり。それは、化学肥料や農薬を使わず、微生物の働きを土づくりに活かし、多様な生物が住み良い環境を守る農法です。サポートセンターでは、神山鶏の鶏糞など地域の有機資源で良質な堆肥を開発し、安心・安全で栄養価の高い有機農産物の作り方を指導しています。座学や栽培実習、土壌分析などを学んだ若い農業者たちは、日本各地で活躍しています。

     

     

  •  

     

     

     

    農薬に頼らない ネオニコチノイド系農薬の排除

  •  

     

    生態系を守り、いのちを守る

    コープ自然派の農産物は土づくりを基本として、自然の生態系を壊す農薬や化学肥料は可能な限り使いません。有機栽培に取り組む生産者を応援するために、農薬使用状態をマークにして商品案内に表示しています。
    また、ミツバチの大量死の原因と言われるネオニコチノイド系農薬は、浸透性・残効性・神経毒性が高く、生態系全体だけでなく人体へも悪影響があると指摘されています。コープ自然派では「ネオニコ農薬不使用マーク」を表示して、生産者とともにネオニコ排除の取り組みをすすめています。

     

     

  •  

     

     

     

    環境を創る地域循環 自然と共生した循環型農業

  •  

     

    無投薬畜産と連携し、地域の有機資源を活用

    私たちが食べている国産の肉や卵、牛乳などの畜産物の自給率はたった16%しかありません。その理由は家畜のえさの大部分を締める濃厚飼料(トウモロコシ、大豆油粕など)の約9割を輸入に頼っているからです。
    コープ自然派では畜産飼料にトウモロコシのかわりに飼料米利用をすすめ、飼料米の田んぼには安全な畜産の糞を使った良質の堆肥を使うなど、〈農〉を通じた横のつながりを広げ、持続可能な地域循環型社会をめざしています。

     

     

  •  

     

     

     

    流通の仕組みづくり 新規就農者の笑顔をつくる

  •  

     

    若い生産者たちが安心して作り続け、誰もが有機農産物を食べ続けるために

    有機農業をめざす若い生産者たちが安心して生産に取り組むためには、きちんと収入を確保できることが必要です。買う人にとっても安定して届くことで消費が伸びます。コープ自然派では、産地と連携した作付計画や余剰野菜の販路づくり、物流改善などを行うために(株)コープ有機を立ち上げました。
    農業人口が減り高齢化するなか、若き新規就農者を応援する新しい次世代農業者育成システムの基本は「新規就農者の笑顔をつくる」ことなのです。

     

     

  •