•  

     

  •  

     

     

     

    コウノトリも棲めるまちづくりを

    かつて多くのコウノトリが生息していた日本。しかし明治以降の乱獲や営巣地の消失、また戦後の農薬多用による環境悪化の為、1971年豊岡市で最後の一羽が死に絶え、日本のコウノトリは絶滅しました。地元農家は田んぼの農薬使用の削減に取り組み、2005年からコウノトリの野生放鳥がはじまり、今では100羽ものコウノトリが豊岡の空を舞っています。

     

    いのちのつながりを大切に

    兵庫県豊岡市では、農薬に頼らない〈コウノトリ育む農法〉を実践しています。そこにはカエルが害虫のカメムシを食べ、そのカエルをコウノトリが食べるという食物連鎖が生まれます。生態系の頂点に立つコウノトリにとっても、人々にとっても豊かで健全な自然環境であること、その一助となるよう農家は努力を続けます。

     

     

     

     

     

     

  •  

     

     

    「ラムサール条約湿地」に登録

    「ラムサール条約湿地」に登録された円山川下流域・周辺水田湿地のキーワー

     ドは「自然再生」です。〈コウノトリ育む農法〉が広がり、コウノトリの生息

     を支える田んぼが増えれば増えるほど、登録湿地エリアを拡大できる可能性が

     あります。私たちが「コウノトリ育むお米」を食べれば食べるほど、世界に誇

     る湿地「田んぼ」がひろがっていくかもしれません。この「食べる貢献」の輪

     に、あなたも加わりませんか?

     

     

  •  

     

     

     

    パンづくりでも

    「コウノトリも棲めるまちづくり」を応援

     

  •  

     

    コープ自然派は「コウノトリ育むお米」を買い支えるだけでなく、田植え、田んぼの生きもの調査、稲刈りなど組合員と生産者との交流活動も行ってきました。さらに、「コウノトリ育むお米・こなだもん」を使ったオリジナルのパン作りをスタートしました。

     

    米パン好適米「コウノトリ育むお米・こなだもん」は、生き物の力を借りて無(減)農薬でお米を育てる〈コウノトリ育む農法〉で栽培されています。よみがえった田んぼには、いろんな生き物が生息し、コウノトリの貴重なエサ場になっています。コープ自然派では、主食用米だけでなく、パンづくりにも〈コウノトリ育むお米〉を使うことで消費量を増やし、“コウノトリも棲めるまちづくり”をさらに応援していきます。

     

     

  •