•  

     

  •  

     

  •  

     

  •  

     

  •  

     

    ミネラル豊かな雪解け水で育つりんご
    あくとの産地、長野県山ノ内町はその名の通り周囲を山で囲まれた町です。『北信濃の富士山』と呼ばれる高社山の麓が私たちの園地です。西向きのなだらかな斜面は一日中太陽の光が降り注ぎ、高社山や志賀高原からのミネラル分の豊富な雪解け水が美味しい果物を育ててくれます。


    「自由個性集団 あくと」とは?
    あくと・・・とは、こちらの方言で「かかと(踵)」を示す言葉です。
    「大地に足をつけて地道に、着実に農業に向き合おう」という想いが込められています。

     

    メンバーは10 軒の農家
    「あくと」創設から40数年が過ぎました。創設メンバーは皆、世間でいう「定年」の年齢を超えましたが農業に定年はありません。まだまだ現役で、毎日畑で奮闘しています。
    2代目の新規就農者も加わり、ベテランの技術と、若い(?)メンバーの新しい感覚を融合させた新しい「あくと」にご期待ください。


    栽培しているりんごの品種
    つがる・ジョナゴールド・シナノスイート・ふじ

    おまかせりんご:すわっこ・秋映・昴林・シナノドルチェなど
     

    栽培についてのこだわり
    「樹と語り合いながら、過剰に手を入れたり、あるいは手付かずにする事もなく、気候や環境に合わせて育まれたありのままの果物を生産すること」が私たちのこだわりです。栽培の技術は日々進歩していますが、美味しい果物は健全な環境から産まれるという事を念頭に置きながら、日々作業を行っています。

     

     

     

     

  •  

     

  •  

     

     

     

    40 数年前から減農薬・省農薬に取り組む

    あくと創設当時は農薬の過剰散布による「複合汚染」「人体への影響」が社会問題になっていました。しかし、無農薬栽培では病害・害虫の被害を食い止めることが難しく、農家の経営や生活にも影響を及ぼすことから、「減農薬・省農薬」の取り組みを考えるようになりました。


    「予防防除」ではなく、樹と語り合う防除を
    ネオニコチノイド系農薬排除への挑戦!

    病害虫の発生を未然に防ぐための『予防防除』では散布回数や使用薬剤が大幅に増えてしまうため、樹や果実、気候の状況を適宜見極めて、必要な時に必要な処置を行う防除体系作りに取り組んでいます。
    また、昨年からりんごにおいては「ネオニコチノイド系農薬」を一切使わない栽培に挑戦しています。

     

    組合員の皆様へ
    あくとは産直を始めて40年が過ぎました。
    消費者の皆様との顔の見える関係作りから始まり、お互いの意見を交換し合って、皆様に支えられながら現在に至っています。
    「どんな人がりんごを作っているのか?」
    「どんな思いで農業を行っているのか?」を皆様にもぜひ知って頂き、りんごはもちろんですが、私たち『あくと』のファンになっていただけたら・・・と思います。
    私の家にも4歳の息子がいますが、「子供が食べるものだから、安全で安心なものを選ぶ」事の大切さを子育てを通して学んでいます。消費者の皆様はもちろん、子供たちのためにも「安心・安全」にこだわったりんごをこれからもお届けしていきます。

     

    自由個性集団 あくと 小島哲也

     

     

  •