大切にしているのは、健康に育てること。
コープ自然派は、えさからも遺伝子組み換え作物※1を可能な限り排除して、余分な抗生物質などの薬も使わず、飼料米など飼料の地域自給をめざしています。

商品案内(カタログ)を見る

おすすめ商品

鶏肉

神山鶏モモ肉

300g 498円 (税込538円)

陽の光や風が入る鶏舎でのんびり平飼い
徳島県の山間部にある広い鶏舎で抗生物質・抗菌剤を使わずに健康に育てています。
※法定ワクチンを除く
えさまで安心
非遺伝子組み換え(NON-GMO)※1の植物性のえさのみで育てているため、くさみがなく、コクのある旨み。飼料自給率の向上を目指して、国産飼料米も給餌。

組合員さんの声

鶏肉のうまみが感じれます。

普通に焼いて食べてももちろんおいしい。 皮をカリッと焼いてもおいしかった。(Pさん)

雲仙しまばら鶏 もも正肉

300g 350円 (税込378円)

鶏が病気に負けない環境作り
長崎県で雲仙を望む静かな環境下にある鶏舎で平飼い。十分に運動ができるストレスの少ない環境をつくることや、生産者の細やかな管理、そして数種類のハーブや乳酸菌を加えたえさを与えることで鶏を健康に育てています。抗生物質・合成抗菌剤は不使用。※法定ワクチンを除く

組合員さんの声

冷凍庫に常備しています。

美味しい鶏肉です。唐揚げや照り焼きチキンにして食べています。子ども達も大好きです。(Cさん)

豚肉

自然豚切落し

250g 370円 (税込400円)

「安全な豚肉を食べたい」という組合員さんの願いから
「自然豚(しぜんとん)」は「本当に安心・安全な産直」を追求したコープ自然派オリジナル豚。2020年秋にはアニマルウェルフェア※2に配慮した最先端のシステムを導入。
えさまで安心
えさまで非遺伝子組み換え(NON-GMO) ※1に指定だから安心。飼料米を給餌してからは食味もアップしました。抗生物質(子豚期間の一時期を除く)は使っていません。

放牧豚バラスライス

200g 540円 (税込583円)

よく遊び、よく食べ、よく寝る
生後90日以降から100日以上、北海道厚真町の広い大地で放牧肥育。豚は走り回ったり、土をいじったりしながら元気に遊びまわり、豚舎と放牧地を自由に行き来できる環境で育ちます。
えさは非遺伝子組換え(NON-GMO) ※1の穀物や大豆かすなど。放牧開始後は、抗生物質は一切使用していません。

牛肉

近江牛切落し

200g 1,144円 (税込1,236円)

定評のあるおいしさに安心をプラス
黒毛和牛のブランド「近江牛」の中でも、コープ自然派の産直「近江牛」は生産者限定。抗生物質を使用せず、豊かな自然環境に恵まれた滋賀県日野町にある牛舎で育てられています。飼料自給率向上をめざして、えさには近江米や稲わらを使用。

近江牛と自然豚の合挽きミンチ小分けパック

300g 928円 (税込1,002円)

近江牛5:自然豚5。産直肉だから安心。
一般に産地指定の難しい合挽き肉もコープ自然派なら、産直肉の黒毛和牛「近江牛」とえさまで安心・安全にこだわった「自然豚」を使っているので安心。

枕崎牛焼肉用(バラ凍結)

300g 1,427円 (税込1,541円)

黒毛和牛に近い柔らかい肉質と深い味わい
「枕崎牛」は肉質の良い黒毛和種と乳用種を掛け合わせた交雑種(F1)。鹿児島県枕崎市の8軒の肥育農家によって育てられています。組合員の安心・安全を願う声に応えて抗生物質・ホルモン剤を使わず、牛の生理に合わせて仔牛の時から牧草をしっかり与え、胃を丈夫にするなど、牛の健康を大切にした環境を整えています。

組合員さんの声

反応が薄いと思ったら、、、!?

子どもと一緒に焼肉をして、無言で食べているので反応薄いし、イマイチなのかと思ったら、美味しいから必死で食べていたというお肉。あっさりしているのに、パサついてなく、柔らかくて美味しい。これを食べてから、牛肉は枕崎牛!と、喜んで買っております。(Nさん)

未来とかち牛切落し

200g 798円 (税込862円)

えさまで安心&脂身の少ない肉質が特徴。
「未来とかち牛」はあっさりした味わいが特長のホルスタイン種。仔牛の時を含め生涯、抗生物質不使用で健康に育てられます。えさは非遺伝子組み換え(NON-GMO)※1に限定するだけでなく、ファーム内で育った牧草、麦わらも使用し、飼料自給率の向上をめざしています。

組合員さんの声

チャックシール付の袋入でとても良い。

冷凍のまま、ささっと使う量を出しています。特に炒めものに使ってて牛肉の味もなじみやすくおいしいです。(Tさん)

※1 「非遺伝子組み換え(NON-GMO)」とは遺伝子組み換え食品・作物を使っていない」の意。
遺伝子組み換え(GM)は、ある特定の遺伝子の働きを、別の遺伝子に挿入して新しい性質をもった生物を作り出す技術のことで、例えば、遺伝子組み換えとうもろこしの場合、「特定の除草剤では枯れない」、「食べた害虫が死ぬ」などの機能があります。生産効率を上げるために開発された技術ですが、近年、ヒトや自然界への悪影響が次々と明るみに。日本での商業栽培は行われていませんが、日本は多くの食べものを輸入しているため、日本人は世界で一番遺伝子組み換え作物を食べていると言われています。コープ自然派は遺伝子組み換え(GM)に反対し、可能な限りで遺伝子組み換え作物・食品を排除し、商品案内(カタログ)には独自のマークで遺伝子組み換え食品の使用有無を示しています。

※2 牛や豚、鶏など家畜が生きている間はストレスが少ない環境で暮らせるようにというヨーロッパで生まれた考え方。

※情報・価格は2021年10月現在のものです。

カテゴリ